平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

非アルツハイマー型認知症の臨床と患者ケア

前日の晩も会議で帰りが遅かったり
今朝は今朝で韓国のW杯の試合を見ていたり
緊急で早朝から出勤していたので

す・睡魔が~…

何とか耐えに耐えながらの講演
また、パーワーポイントってのが更に眠気を誘う~

今回の講演の内容ですが
認知症には
脳血管型認知症
アルツハイマー型認知症
その他の認知症
不明の認知症
とあるのですが、その中でも

その他の認知症の主な変形性認知症の
・アルツハイマー型認知症(AD)
・レビー小体型認知症(DLB)
・前頭側頭型認知症(FTB)
・意味性認知症(SD)
4タイプの認知症のお話です♪

その中で、アルツハイマー型認知症レビー小体型認知症
後方型認知症といいまして、
主に視覚関係を司る後頭葉や記憶・聴覚関係の側頭葉がやられるため
アルツハイマー型の認知症では、出来事を忘れる記憶障害が出てきます
またMRIでは側頭葉内側の萎縮が顕著に現れるそうです…

レビー小体型認知症では、
アルツハイマー型より後頭葉に影響が出てくるみたいなので
視覚障害が顕著に目立つみたいで、幻視が出てくる場合で
患者自身が自覚している場合もあるそうです♪

前頭側頭型認知症では
前頭葉と側頭葉前部に限局されるので
人格の変化の変化が早期から見られ、無表情・脱抑制・自己中心的な行動
が主症状で進行性の言語症状も見られます
また、同じ行動を繰り返す袋小路的な反復行為も特徴的です

意味性認知症
側頭葉の下の前あたりから進んでくるので
意味記憶の障害(単語・物品・人物・風景・建物など)が初期から独立して出てきます
が、自伝的記憶や要素的視知覚は保たれるみたいです

といった実際的な対応っていうよりは
臨床的なお話がほとんどでした…でも

認知症にもいろいろあるんですね…
f0031675_2204100.jpg

[PR]
by sw-michihiro | 2006-06-24 19:05 | 相談員日誌♪