平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

後味の悪いワールドカップの結末…

イタリアvsフランスの白熱したW杯に、結果的に水をさす格好になってしまった

ジダンの頭突き

ドイツ大会のみならずジダンのサッカー人生の幕引きとしても

なんだかなぁ~~~

という気持ちです

もちろんああいう暴力行為はいけませんが、ジダンに同情的な意見があるのも事実です。
サッカーのプレーにはまったく関係ないのですが、アルジェリア移民の2世でイタリアのマテラッツィから受けた暴言の背景にはそういうこともあるかも知れません。
そういうことがあると、イタリアの24年ぶり4度目の優勝にも傷がついてしまう恐れがあります。

個人的な見解としては

どっちもどっちですわ

サッカーの試合前に入場の際に選手に先立って、フェアプレーのフラッグが入ってくるのですが…

フェアプレーの精神って一体何なんだろう!?

相手の人権を踏みにじってでも試合に勝ちたいのか…
となると、勝利の価値って一体何なんだろう?
勝者には結果とともに中身や格も問われてもいいと思います

どちらかが譲ったり、挑発に乗らなければ仮に負けたとしても

名誉ある敗者として後々まで語り継がれていた

だろうに…とか
しかし、こうしてジダンが問題提起してくれたことは
いい方向に向かってくれればなぁ…と期待したり

いずれにしても、ジダンのMVPはともかくW杯の結果は覆ることはないし
イタリアの優勝も素直に祝福しようとは思いますが

何かしっくりとはきませんよね…

だからこそ今ある問題は、南アフリカ大会への提言として4年後は

世界中の人々が素直に結果そのものに喜び、悔しがり、感動する

そんなW杯になれたらいいな…って思いました♪
[PR]
by sw-michihiro | 2006-07-13 16:18 | ゼミ☆スポ(ゼミ長スポーツ)