平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

耐震構造偽装疑惑と大震災

Excite エキサイト : 社会ニュース
ブログをする人の事を「ブロガー」というらしいが
初心者ブロガーのゼミ長は
まだまだ、ブログをするたびに新たな発見ばかりです

今回は「トラックバック」
最初はドラッグバッグ?薬のカバン?(?_?)
とか訳分からんことを考えていましたが
「他人のブログや記事を引用してブログをすること」(違う?)
なんだ・・・と(*^-^)ノ

でも、実際にはどうするか分からず
分からなかったら、まずはやってみるゼミ長
ってことで、恥ずかしながら

初トラックバックしてみました~!

いわゆる「初体験?」( ´,_ゝ`)プッ

それはそうと
昨晩、友人とメールの応酬・応酬・打ち合い・壮絶な打ち合いをし
気が付いたら深夜の1時・・・
そこから床について・・・起きたら昼の12時前

メシ食って、テレビをつけたら
連日やっている「国会の中継:構造偽装疑惑の証人喚問」
誰が悪いのかというのはあまり興味はなく

被害に遭われた住民の皆様以外は悪いんだから!

昨年10月に起こった「パキスタン地震」
死者が7万人を超したとの報道がありました
地震そのものもマグニチュード7.6と大きかったのですが
(阪神淡路大震災はM7.3)
首都イスラマバード等では倒壊した建物の下敷きになって
亡くなった方も少なくはなく
建物の強度についても問題になりました

1999年の起こった台湾大地震でも
ビルの倒壊等の被害が多く出ていましたし
同じ1999年のトルコ北西部地震では17000人
2003年のイラン大地震では、倒壊した家屋に40000人以上の死者が出ています

阪神淡路大震災でも
阪神高速が倒壊したり
古くからの木造家屋や建築基準法改正以前のマンションなどは
多く倒壊して、多くの住民が下敷きになり犠牲になりました

あれから11年
作る側の意識ってどれだけ変わったんだろうか・・・
震災等の防災意識って
住民と行政との協力や連携は不可欠ですが
民間企業もよりよい街や安全な建物を作っていく義務や責任があるのではないか・・・と

親父は1級建築士だったんですが
その親父にあこがれて「工業高校に行きたい」って行ったら
「アホか!建築家なんかなってもいいことはない、普通科に行って大学は出とけ」
といわれたのを思い出しました

いまでも親父は憧れですし、遥かなる目標です
でも「建築家にはなるな!」って言ったことも
少しわかったような気がします

でも、私は社会福祉士
利用者や住民から住宅改修の相談を受けることもありますし
よりよい街づくりを住民と一緒に作っていく
専門職としての責任があります

ですから他人事じゃないんですよね・・・
一昨年にはマンションも買って、ローンもまだまだ残っているんで∑( ̄口 ̄)
[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-19 15:41 | 震災と復興