平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スーパーサイズ・ミー

前々から気になっていた映画だったんですが
前に『吉田淳也』さんのブログで取り上げられていて
再び気になって…TSUTAYAで借りてきました(^_^)v

2004年のアメリカ映画で
モーガン・スパーロック監督のドキュメンタリー映画

アメリカのある10代の女の子が
「自分たちを肥満症にさせたのは、それを注意しなかったファーストフード企業のせい!」
と訴えた裁判にスパーロック監督が注目して

1日3食、食べるものはすべてマクドナルドにあるものだけ!

というのを1ヶ月実行して身体にどのような影響がでるのか!?
監督自ら実行して行く
というバカバカしくも何か考えさせられる映画

社会福祉士の国家試験の『医学一般』で
生活習慣病増加の要因として
①・第二次世界大戦後、結核、肺炎などの感染症による死亡が急激に減少し、国民の疾病構造が大きく変化したこと
②・人口自体の高齢化
③・喫煙・偏った食生活、運動不足、その他の不健康な生活習慣ないし行動様式
などが指摘されている

という項目を思い出しました(笑)

また映画のストーリーのなかに
γーGTPやGOT、血清コレステロールや中性脂肪
といった、ケアマネの試験に出てくる検査値
であったりと

ちなみに
γーGTPや血清コレステロール、中性脂肪は加齢により変化しますが
GOT(血清GOT:肝臓などに含まれている酵素)は加齢による変動はありません
慢性肝炎肝硬変肝がんなどの肝胆臓疾患によって増加し、
心筋梗塞筋疾患溶血性疾患などによっても増加します
といった

本編以外にも楽しめる要素がありました(*^-^)ノ

また
「ファーストフード依存症」といった
アルコール依存症と関連するような精神保健的な部分であったり

ファーストフードの企業戦略と取り巻く子どもの環境等
社会病理的な部分にも注目していて
「これって、社会学の部分だようなぁ」

とも思って観てました(^_^;)

感想はというと
ドキュメンタリーの中にもコメディタッチなところもあり
マイケル・ムーア監督の映画と似ているところがあるなぁ…
と思いながらも

身体のことが心配になって
観終わった後、すぐにプールにトレーニングに行きました(笑)

マクドへは頻繁には行かないにしても
たまには行ってます…でも、ほどほどにしないといけませんね(・_・;)
でも、クーポンが家にあります…ヽ(゜▽、゜)ノ
f0031675_14552631.jpg

[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-23 14:58 | 映画評論