平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『遅刻』と『ゆとり』

今まで電車通勤の時期が長かったんですが
昨春、親父が亡くなってからは
念願(?)のマイカー通勤にf^_^;

電車通勤の大変さは身にしみて分かっているんで
同じ方向の後輩は勤務が合えば
乗せて職場まで行くようにしています♪

今日はその日v(^-^)
最近は意図的か偶然か巡り合わせが少なく
1月に2回程度かな…

ゼミ長さんと夜勤がしたいです♪

と言われながらも未だに1度も夜勤がナシ(>_<)
何だ、策略か!
と疑いつつも

次ぐらいはあるかもしれませんね♪

そうかもしれない(*^_^*)

勤務前は憂鬱な気分が多いのですが
楽しい会話で話が弾むと
気持ちが幾分かは楽になりますv(^-^)

と、楽しい時間はここまで
職場の方向に向かうにつれて車が混んでくる(+_+)

後輩:「ゼミ長さん、大丈夫ですかね」
ゼミ長:「ギリギリかなぁ…何とか車が動いてくれれば」

最初はこんな余裕な会話でした(*^_^*)
しかし、読みと期待は外れて
車の量がだんだん増えてくる…だけならまだしも

そして…止まった_| ̄|○

完全に渋滞にハマッてしまいました(・_・;)

後輩:「ゼミ長さん、職場に電話した方がいいですかね?」
ゼミ長:「…もう5分ほど待ってみて」

アカン、完全に冷静さを失っている( ̄〇 ̄;)

5分後…結局、車は進む気配はなく
後輩は職場に「遅れるかも…」って電話をしました

原因はただでさえ車が混む交差点で
道路の舗装工事をしていて
車の車線が規制されていたからでした∑( ̄口 ̄)

結果的には間に合った(?)のですがf^_^;

話は180度方向転換しますが(σ・∀・)σ
最近、話題になっている『東横イン』の問題

障害者用の駐車場や客室、トイレを最初は設定しておきながら
駐車場をなくしたり、倉庫や従業員用の部屋に変更したり…
会社の方針および社長の態度は言語道断なんですが

見方によっては
障害者用の駐車場や客室、トイレは必要なんかなぁ…
って思うことがあります

世間の多くの見方は
障害者用の駐車場やトイレがないと障害者が利用できないじゃないか!
ではないかと思います

でも
障害者は障害者として生活したいのかな?
って

『障害者用』の駐車場や客室、トイレがなくても
一般が使用する駐車場や客室、トイレが
障害者の方にも使えるようなら、あえて区別しなくてもいいのではないか…って

だから、条例や法律で
「障害者用の施設を設置しなければいけない」
って考えも『おかしい』のではないか!?と思います

『障害者じゃなく同じ人と見て接して行きたい!』

とある友人のその一言に
ハッ∑( ̄口 ̄)とさせられた事がありました

チョット予算を足せば
障害者の方でも余裕を持って使用できる
一般の』駐車場や客室、トイレなんて
簡単に出来ると思うんですが

お金を儲けるために無駄(?)なものは極力省け!
コストを落とすために鉄筋はギリギリまで落とせ!
1秒でも早く、正確にダイヤを運行しろ!

最近の世の中は余裕とゆとりを失っていると思います

今日の私も時間に追い詰められていく中で
最初は楽しく弾んでいた会話も
後半は完全に余裕とゆとりを失っていました(笑)

今日の出来事と障害者等の問題を比較するのはおかしいんですが
最近の事故や事件って
時間や利益に追われての結果ではないか
と考える事がありまして
『余裕』や『ゆとり』を失って何かに追われる時の恐ろしさを
少し知りました

『ゆとり』って大事なんだなぁ…(*^_^*)

ちなみに補足すると、私だけ遅刻しました(笑)
でも、こういうことを振り返ることが出来たと考えれば

安い授業料だったのかも知れません♪
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-04 23:55 | 相談員日誌♪