平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー

2006年 02月 27日 ( 4 )

人間や社会生活のなかで
その人や社会を取り巻いている物の一つ一つを
『社会資源』って言いますが

その、社会資源の中には
フォーマルな(制度化された)社会資源  
  例)市区役所や社会福祉協議会、在宅介護支援センター、特別養護老人ホームや障害者・児童施設 など
インフォーマルな(制度化されていない)社会資源  
  例)両親、家族、親戚、近所や近隣住民、ボランティア など
の2つに分けることができます

資源を調整する立場のケアマネジャーでも、
フォーマルな部分は熟知していても
インフォーマルな部分って…
なかなか目が行かないんですよねf^_^;

私もインフォーマルな部分の目を養うために
さまざまなボランティア活動していたり、NPO活動に参加していたり…

最近の話ですが

私の施設でボランティアをしたい!

っていう人が現れました(^0^)/
何て物好き…ではなく、そういう人ってナカナカいないですからねf^_^;
現場の介護職員からすると嬉しい限りです

でも、実際に施設の現場が知らない人が
突然入ってきても役に立たないどころか
かえって迷惑な場合があるのも事実です…

意外にわかっていないのが
社会福祉施設がその人にとって生活の場になっている
ってことがわかっていない人が多いですね^^;

普段生活をしていて
見知らぬ人がズケズケと入ってきたら
やはり生活をしている人って…いい気はしないと思います

最近では個人情報保護法って法律も出来ましたが
それ以前にプライバシーってのは
しっかりと守っていかなければならないのが
介護する側の義務だと思っています

だからといって反対の立場どころか
逆に大賛成ですよ!

『ゆとり』をもった介護とは言いながらも
現場の職員は業務に追われてしまい
なかなか入居者のQOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)
の部分までは十分にカバーが出来ません(>_<)

私が施設を運営していく立場なら
職員では十分にフォローできない趣味とか余暇とかの部分で
積極的にボランティアを活用したいと考えています
ただ、その選定は慎重にしなければなりませんがf^_^;
そういった部分でいうと

私の施設はボランティアの受け入れに関して消極的すぎる!

大阪市が発行しているボランティア情報誌
f0031675_22421154.jpg

『COMVO』っていう雑誌があるんですが
パラパラと見ているだけでも
・高齢者施設の喫茶コーナーでの話し相手
・老人保健施設の園芸ボランティア
・障害者の自立支援やふれあいボランティア
・私が活動しているプールのボランティアも(笑)
など、本当に多種多様な活動で募集がされてます

ちなみに『COMVO』は
大阪の地下鉄の各駅に置いていて無料です(笑)し
結構、この本を見て勉強会やボランティアに参加しています

入居者のニーズに応えるのには
職員だけでは限界があります!
それをカバーするのがボランティア(^0^)/
今回、私の施設でボランティアを希望されている方には

是非とも来てもらいたいものです♪

ちなみに、その方…

去年、私の施設を退職した方です(笑)
だから入居者もとても喜んでくれるんではないかと思うんですが(*^_^*)

ちなみに、直訳すると

ボランティア=志願兵

っていう意味になりますo(^-^)o
自ら志願してきたその方…まさにボランティアのカガミです(^_^)/~

って言いすぎですか!?
そうではないと思うんですが…f^_^;
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-27 22:59 | 福祉の鉄人☆
郵便局時代
仲の良い先輩が30歳になったとき

三十路おめでとうございま~す♪

ってお祝いしたら
その先輩に「やっかましい~」って言われたのも
遠い昔…

その私も数年前に三十路を超えてしまいましたf^_^;

中学校の友達が卒業してすぐに子どもができていて
ふと考えたら…その子どもも

高校1年生!?

って考えたら…俺もすっかり『おっちゃん』なんかな
とも思ったり(・_・;)
でも気持ちは若々しくいたかったり(笑)

私の勤務している特別養護老人ホームの利用者も
私に対しての呼び名は
『おっちゃん』派『おにいちゃん』派に分かれています…

私自身はさほど気にはしてなかったんで

おっちゃんとお風呂へ行きませんか?

っていった感じで利用者に声かけしたりしています(#^-^#)
利用者も笑顔で応じてくれるので

それはそれでいいかな

って考えていました(*^-^)ノ

しかし、昨日の飲み会で
私のチョット年齢が上の女性の方から…

ゼミ長さん、自分から『おっちゃん』って言わないでくれる!?

って…ヽ(゜▽、゜)ノ
せっかく『おねぇちゃん』で頑張っているのに
ゼミ長さんが『おっちゃん』って言うと
私も『おばちゃん』になっちゃうじゃないの(`ヘ´)
と言われましたf^_^;

確かにそうかも知れない…
自分で『おっちゃん』って言うことにより
迷惑がかかる場合もあることが分かりました(+_+)

ということで

今日から『おにいちゃん』って呼ぶことにしよう

って決意(^_^)/

早速、今日のトイレ誘導から

おにいちゃんとトイレに行きましょうか!

って声かけ♪
返ってきた返事が

そんなん何処にもいやしませんで

って、返事が…_| ̄|○

また、別の利用者からは

おっさん、トイレに行くねん、トイレ!

って言われる始末
ゼミ長の苦難の闘いはつづく…(*´Д`)=з
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-27 18:19 | 相談員日誌♪

居酒屋・道場!

別に何かに入門した訳ではありません(笑)

前々から職場の人と約束をしていて…
でもなかなか都合が合わなくて
今日になってしまいましたf^_^;

f0031675_0595841.jpg

場所は、いつも通過駅としか意識していない
甲子園口…^^;
『たちばな』の反対側が『のみや!?』
意図的かヽ(゜▽、゜)ノ

f0031675_13452.jpg

19時に『三菱なんちゃら銀行♪』の前で待ち合わせ(笑)

しばらくして相手の方も到着(*^-^)ノ
「ゼミ長さん、○○さん30分遅れるみたい」って…

しゃあねぇなぁ…って事で
本当は3人で飲みに行く約束をしてたのが
1人遅れる…って言うことで
2人で先に店に入ることに

ゼミ長さん、こぢんまりとしたいい店があるんですよ♪

ってことで、その話を信じて店に向かうことに…でも
行けども×2

あれ?確かこの辺りのはずなんだけどなぁ…

私に聞いても分かりませんから(笑)
しばらく、2人でウロチョロしながらも、その店を発見!

改装中…_| ̄|○

店の明かりも消えているから
そりゃ、わからんちゅうねん!
ってハナシですがf^_^;

気持ちを切り替えないと飲みに行けないので
次の店を探すことに…

そして、『居酒屋・道場』へ
入店とともに太鼓がドンドンと…

ドリフの大爆笑で、いかりや長介が
『もしも…こんな銭湯があったら』シリーズで
太鼓のリズムに合わせて沈められていくシーンを
一瞬、思い出しました(笑)

店内の雰囲気は明るく
最初は人がまばらだったんですけど
時間とともに賑わいが…

こっちも30分後に、もう一人が到着♪
去年まで職場の同僚だったんで
もっぱら業務の話が中心に…でも
女性の気持ちや心理の話も聞けて
大きな収穫がありましたv(^-^)

絶えず人の目を気にしてドキドキしている(☆o☆)
小心者のゼミ長(笑)

意外に好意的に見られていたので
ホッとしました(*^o^*)

それぞれに、それぞれ不安を抱えて仕事をしているので
こういう場の必要性を感じました
職員が少ない中、限界以上に働いている職員の皆様は

本当にご苦労さまです(^0^)/

こういった機会
今後も増やして行きましょう!
f0031675_1222922.jpg


話が盛り上がって気づけば23時30分…
話足りない部分もありましたが
個人的には満足ですV(^-^)V

ただ、カラオケに行きそうな予感がしてたんで
準備はしてたんですが
機会を発揮することなく、今日はお開き(*^-^)ノ

でも、楽しかったんでまた行きましょう☆
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-27 01:29 | 相談員日誌♪
2005年度の受験対策の締めくくり
と言ってもいい講座…

来週が介護福祉士の2次試験

だけに、受講生の眼差しも真剣でした(`ヘ´)

今日の会場は
f0031675_0354920.jpg

コリア・タウンの鶴橋♪

f0031675_0365988.jpg

大雨の中、商店街を抜けると

f0031675_0375068.jpg

本日の会場『トモノス天王寺』が見えてきました(^_^)/

f0031675_040967.jpg

看板もしっかりと…

今日は最初の90分は
私の講義による講座…
実際のテクニックっていうよりは
私の体験談にウエイトが占められていたような
気がしましたf^_^;

そして、午後からは
実際にシミュレーションによる
実技対策講座(演習)
f0031675_0425881.jpg

事前の準備もバッチリ☆

f0031675_043596.jpg

仮想のベッド等も準備OK!

f0031675_0444540.jpg

私はチェック項目に従って
受講生の動きに注意しながら…アドバイスを

私も2年前の実技試験の時は
緊張で頭の中が真っ白になった様に
今日の、受講生も1つの失敗を引きずってしまい
後が、しどろもどろになっていた方が
多かったように思います(^o^;)

でも、フィギュアスケートじゃないんですけど
1つの失敗を引きずるのではなく
気持ちを切り替えて試験を続ければ
必ず合格できると思うんで

自分の力を信じて100%出し切るような

介護をすればいいんじゃないか…と考えてます(*^o^*)

泣いても笑ってもあと1週間
悔いを残さないようにだけはして下さい
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-27 00:57 | 受験対策チューター