平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 10月 13日 ( 5 )

運動の秋…

ゼミ長の来年の目標は決まりました(⌒∇⌒)ノ

50mの自由形で30秒を切る!

何て具体的な目標(笑)
でもやっている本人は真剣です。仕事の合間を縫って何とか泳ぐ時間を作ろうとしているのですが、

忙しくてそういう時間がなかなかない

というのが現状です。
そういう水中マンを目指している一方で、山も目指したいという贅沢人間
つい先日、奥穂高や白馬岳でそこそこベテランのかたでも遭難の危険にさらされる登山…素人の考えで判断するのは危険ですが、とりあえずは今年は申し込みは出来なかったのですが

六甲山系全山縦走はしたい!

という自分勝手な目標も…社会福祉士会の有志で山岳部を結成したもの

部員が2名

悲惨な現状です(笑)
それでも六甲山の麓にすんでいるため山に対する思い入れも強いため、とりあえずはクライミングウォールの超・初心者のスクールから(笑)
f0031675_14435055.jpg

何と!地元のモンベル六甲店にあるんですよね♪

調子こいて早速の申し込み…そのスクールの報告は11月に。
f0031675_14442356.jpg

また、10月の後半には兵庫県の社会福祉士の集まりでテニス大会がある…って事で、未経験どころか学生時代ホームランバッターだったゼミ長が近所のSTEPにてシューズを購入(/ ̄ー ̄)
f0031675_14444796.jpg

まいどお馴染みのおっさんシリーズ、『スタンスミス
f0031675_14445796.jpg

一応テニスシューズなんですよ…まえから欲しかったんですが、定価の38%引きだったんで(笑)
そんなこんなの運動の秋です、マスターズの練習会や11月にはソフトボール大会は控えているのですが…山岳部も部員を募集しています(笑)
[PR]
by sw-michihiro | 2006-10-13 17:52 | 体育会系

芸術の秋…

幼稚園の頃、スミセイの絵画の作品で『佳作』を取ったゼミ長…ひょっとして画家の才能を開花させるのかという両親期待を見事に裏切って、中学校の美術では

通知表に『1』

1番の『1』じゃないですよ…と付けてしまい両親にボロッカスに説教を喰らうまでに堕落|(-∇-)|
となると残りの芸術は音楽♪
幸い(?)な事に手先が不器用で無理やりに習わされたピアノが功を奏したのか、最近調子にのって始めた一五一会(。-_-。)

調子にのって肩掛け用のストラップを購入♪
f0031675_14423141.jpg

赤い星で『赤星』…な~んちゃって(。 ̄_ ̄。)ノ~~~
f0031675_14425190.jpg

そういえば、買いに行ったのが10月7日だったのでちょうど『神戸ジャズストリート』の時だったので路上でライブもやってました。ジャズって気持ちが落ち着いて何かいいですよね~♪
神戸ってカンジだし…(⌒∇⌒)ノ

そういう自分も何とかスタッカート奏法はできるようになりました
遥か先の目標ですが、ライブしてみたいですね…そういう事を考えている芸術の秋です。
[PR]
by sw-michihiro | 2006-10-13 15:07

きらきらひかる

ある日突然、自分の大切な人が目の前からいなくなったら…残された家族の寂しさはもちろんなのですが、家族の立場からすると亡くなっていった人は「本当は何かを言い残たかったのでは…」と思うことがあります( ̄~ ̄;)

私自身も父親とは言葉を交わせないまま旅立ってしまいました。今さら「生きていれば…」とはあまり考えることはないのですが、「最期はどういうことを家族に伝えたかったのだろう」とはふと思うことがあります。
f0031675_1441232.jpg

きらきらひかる』とはドラマ化もされた浪速の若い女性の監察医のお話です。生きている人に焦点を当てがちの現代の医療に、あえて遺体と向き合うことにより残された者のケアをどうしていくか…自分自身の事もあるのですが、非常に斬新な切り口からの視点なのであまり漫画を読まないゼミ長の珍しい1冊です♪
f0031675_14412191.jpg

『1』と『2』があるのですが、『1』の後半は推理小説化してきたり『2』には何と「霊」が登場してきて醒めてしまう部分はあるのですが( ̄~ ̄;)??

元から法医学等には興味があって、もし今からでも医学部に進むことができたなら(ハッキリ言って無理ですが)ぜひとも学びたい分野なのですが(軽々しく言うことか!?)…。
35年ローンを抱えている現状では絶望的なハナシなので、しいてもの現在の仕事や生活の中で『死』という部分を見つめることにより、それと対峙する『生』の部分とそこから通じるケアをしていけるような相談員になりたいと思っている今日この頃です。

本当、こんなバカ息子に何を伝えたかったのですかね…永遠に解決の出来ない問題ですが( ̄-  ̄ )
[PR]
by sw-michihiro | 2006-10-13 12:37
こちらも、あまり書きたくないブログ~(>_<。)\
前節で得失点差で浦和に抜かれ首位を陥落してしまいましたガンバ…負傷の加地は復帰のメドが立たないままのアウェイでの磐田戦。
それはそうとあの前田の右サイドバックの起用はいかかがなものか…と。

前半から果敢に攻めるガンバに対して、日本の守護神川口を中心の磐田が防戦一方…しかし、決めるところで決められないとイタいしっぺ返しが☆ ̄(>。☆)

カレンロバートの先制点を含めての前半で2失点、前回の甲府戦と同じような展開になっちゃいましたα~ (ー.ー")
後半からゼミ長お気に入りの家長が投入されて、流れがガンバに…これも前回と同じような展開(笑)
遠藤のフリーキックで1点差になり、そして終了間際に

同点ん~~~~~~~~┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

の展開に、沸き立つガンバ側にすぐさま

逆転ん~~~~~~~~♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪

されて試合終了(─┬─ _ ─┬─)
まるで、昨年の後半のガンバを見ているような試合展開でした(苦笑)
[PR]
by sw-michihiro | 2006-10-13 11:38 | 甲子園ゼミ2006(青の力)

阪神vs~奇跡の終焉

今年度のペナントレースは結果的に中日の優勝に終わっちゃったんですけど、落合監督を追い込ませた虎の猛追にはアッパレですヽ(*^。^*)ノ …でも

負けは負けです!

阪神と中日、攻撃力的にはそんなに差はないと思うのです…が、今年の阪神は安定性に欠けたんですかねd (>◇< )
昨年は磐石だったJFKもジェフの故障に久保田のリタイアで球児が酷使される結果に…。攻撃陣も昨年の打点王・今岡誠と赤星の不調が響いてますね。
先発陣も福原が孤軍奮闘するも、ベテラン下柳も良くがんばったのですが昨年のような安定感はなく…また、それに続くような若手も出てきていない( ̄~ ̄;)
他の球団では20台前半の若手が重要な場面で役割を担っているんですが、阪神は誰?

ファームでは日本一になっただけに、いい加減にベテランを脅かす若手が出てきて欲しい。赤松真人に桜井広大、狩野、喜田、前田大和…いい若手はいそうなんだけどなぁ。
そういや今度の先発は岩田でしたっけ!?

vs東京ヤクルト21回戦(10月4日)
○阪神4-2東京ヤクルト●
優勝を諦めていない阪神に関東の球場ではめっぽう強い矢野♪
値千金の3ランでしたね♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪

vs巨人21回戦(10月7日)
○阪神5-3巨人●
10月12日の大決戦を控えての伝統の一戦…ではめっぽう強いアニキの一撃!
後半はヒヤヒヤながらの展開も何とか逃げ切り\(^\)(/^)/
しかし、中日が負けない…。

vs巨人22回戦(10月8日)
●阪神1-5巨人○
ほぼこの試合で優勝は絶望…個人的には最後まで諦めてはいなかったのですが、あの場面での久保田の起用には疑問が残る(’へ’)
球児個人の事を言えば心配なのですが、絶対に落とせない試合だったことを考えると久保田の起用場面を変えるとか、中継ぎ陣をもっとつぎ込むとか…武田久にマイケルといった北海道日本ハムは先発~中継ぎ~クローザーまで完璧だったことを考えると、去年の阪神もJFKで安定した投手リレーがあったので中継ぎの大切さをつくづく知りました。
ですよね…桟原、金澤、吉野、ダーウィンetc 
誰が出てくるのですか?
ちなみにこの試合チケットが余っていて誘いがあったのしたが泣く泣くのキャンセルでした(ノ>▽<。)ノ))

結果的のこの試合でマジック2になった中日が残りの試合も連勝して優勝…落合を泣かせたのは上出来ですが、来年は中日に悔し涙を流させなくては。
そのためにも、また将来的にも今のレギュラー陣を脅かす若手の台頭が必要ですね(-人-;)

来年は鳴尾浜にも足を運びます♪
[PR]
by sw-michihiro | 2006-10-13 11:23 | 甲子園ゼミ2006(For the 虎)