平凡な社会福祉士のさらなる挑戦☆


by sw-michihiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:相談員日誌♪( 90 )

合唱クラブ♪

私の勤務している特別養護老人ホームでは
入居者がクラブ活動に参加しています…
但し、参加できる方って限られてるんですがね(^_^;)

ちなみに、合唱クラブ以外には
クッキングクラブ…一緒に料理を作る
書道クラブ…書道の時間
壁画クラブ…食堂などの飾りの作成等(主に職員が作ってます(笑))
園芸・工作クラブ…庭は荒れ放題ですが、一部を使って花を植えてます(そこだけが綺麗ですね(笑))
などがありますo(^-^)o

ちなみに合唱クラブは
その名の通り、入居者が合唱する『コーラス部』みたいなものです
一昨年からピアノが出来る職員(私ですf^_^;)がmemberに加わって
徐々にですが活性化してきてます♪

毎週第2日曜日が練習日第4火曜日が会議の日となっています

去年の夏祭り以降職員リーダーが不在

誰が仕切るねん!

っていうのが課題になっています
私が仕切るとリーダーになっちゃうんで
別の職員をリーダーに仕立て上げようと…策略を(笑)

リーダーって響き…
受験対策とケアマネ勉強会、甲子園ゼミだけで
いっぱいいっぱいですから(笑)

職場では、超・控えめな私
先月のクラブ会議も意図的(?)に欠席
ところが!

ゼミ長さん、合唱クラブのリーダーになったよ♪

何でやねんヽ(゜▽、゜)ノ
他にも適任者がいるやろうが!
でも…その仕立て上げようとした職員

今月で退職だそうです!

しまった!ハメられたのは私でした(T_T)
仕方なく渋々承認することに…

昨日は、早くも夏祭りに向けての課題曲を
入居者と決める作業に入りました
春もまだなのに…季節は夏!?

私とリーダーって言葉…『ニコイチ』になってるんですか!?
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-13 09:14 | 相談員日誌♪

もうすぐ春…ですか?

昨日の残業の帰り、雪がチラついていました(*_*)
「今、君がこの雪に~♪」と
偉大な学校(ちなみに予備校ですがf^_^;)の大先輩

マッキーこと槇原敬之先輩の『北風』

を口ずさみながら帰っていました。
ちなみに一番大好きな曲は『遠く遠く』なんですが

2006年バージョンなんてあるんですね∑( ̄口 ̄)

それはそうと、本業に手を抜いてきたゼミ長は
今日も提出物に追われて今日も残業…m(_ _)m
そんなやる気のない職員はさておき(笑)
他にも残っている職員が…

3月に施設でひなまつり行事があるんですが
気が付いたら1ヶ月を切っていて
担当の職員の皆様が気合を入れて
作品や飾り付けを仕上げていました

利用者に作ってもらったらええねん!

というお声をいただきそうですが
認知症でも重度の要介護度が高い特別養護老人ホームでは
なかなか協力してくれる人を探すのに一苦労です(*´Д`)=з

でも、出来上がった作品や
行事に参加している利用者の笑顔は
職員の苦労を吹き飛ばしてくれます(のでは?)

気が付きゃ、ひなまつりといえば3月といえば春
昨日は雪が降っていたのに
春はもうすぐそこまできてるんですね♪
f0031675_05329.jpg

[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-10 00:06 | 相談員日誌♪

ケアプラン…

ケアプランの作成というと
介護支援専門員が作成する事業所や施設が多いと思いますが

私の施設では介護職員が作成しています(?_?)

しかも、提出期限を守っているかどうかは
ボーナスの査定に跳ね返ってきますヽ(゜▽、゜)ノ
それだけに職員は必死のパッチです(笑)

だが、しか~し!

ただでさえ受験対策で忙しい私に
そんな余裕はない!ちゅ~ねん(`ヘ´)
とは言えないし…(-.-;)
また

仕事と受験対策、どっちが大事やねん!

って言われると…( ̄〇 ̄;)
本業では必死に仕事しているようには見えませんが
私は、毎日が死に物狂いです(笑)

上司:「ゼミ長さん、そろそろケアプランの期限が切れるから取り掛かってね」
ゼミ長:「あっ、はいはい♪」
※実際、そんな余裕ない!ちゅ~ねん(`ヘ´)

上司:「ゼミ長さん、そろそろ…」
ゼミ長:「あっ、はいはい♪」

やべっ、あと1週間で期限がきれる!ヽ(゜▽、゜)ノ

あわててケースカンファレンスの日時を設定し
会議を開催したのは…提出期限の今日でしたf^_^;

ちなみにケースカンファレンスに参加するのは
・生活相談員
・看護師
・栄養士
・介護主任
・介護副主任(フロア担当)
・介護職員
の面々です♪

今日は口やかましい人(笑)もなく
和やかな雰囲気の会議でした♪

が、提出期限は今日…
慌ててパソコンに打ち込みだしたのが17時で
終了したのが22時…あ~疲れた(*´Д`)=з

まぁ、自業自得なんですがf^_^;

今日会議した利用者は
咀嚼・嚥下に注意が必要な利用者で
少量ずつでないとムセるため、介助に時間がかかります…
そのため、他の入居者の配膳前から食事を始めないといけないんです(-_-#)

ホント、色々な入居者さんがいます(#^-^#)
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-09 00:50 | 相談員日誌♪

同級生

ゼミ長が生まれた昭和48年は
第二次ベビーブームや『団塊ジュニア』と言われている世代で
この年に生まれた赤ちゃんは211万人
ちなみに平成17年は107万人(推計)
で受験にしろ就職にしろ何かと『競争』を強いられました┐(´ー`)┌

昔は昭和48年世代は結構いたのですが…
自己都合で退職したり、キャリアアップを目指したり
人の入れ替えが激しい介護業界…
私の施設でも例外ではありません(T_T)

現在フロアで同級生は私と今回夜勤をした(K)さんの2人だけ…
チョット前までは、あともう一人同じフロアで(T)さんという同級生がいて
プロ野球の48年会に対抗(?)してか

昭和48年会♪

を結成してまして
仕事の合間を縫って飲みに行ったりしてました(ノ^^)八(^^ )ノ

そのうちの1人(T)さんが
自分の生き方を見つけて退職してしまい

ゼミ長は俺より先に辞めんといてよ!

いつもこう話しかけてくれる
同級生・(K)さんと私が残ってしまいました( ̄〇 ̄;)
おっちゃん同士が肩身の狭い思い(?)を
しながら頑張っています(笑)

f0031675_18423339.jpg

たまに巡ってくる同級生同士の夜勤は
こうやってお菓子をつまみながら

昔流行った事や
お互いに野球が好きなので『野球談義』や
今抱えている苦労や将来について

など…お互いにお互いを励ましあいながら頑張っています♪

やはり、気心の知れた仲だと
『あ・うん』の呼吸で仕事が出来るので
やはり、やり易いですね(*^-^)ノ
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-06 18:51 | 相談員日誌♪

『遅刻』と『ゆとり』

今まで電車通勤の時期が長かったんですが
昨春、親父が亡くなってからは
念願(?)のマイカー通勤にf^_^;

電車通勤の大変さは身にしみて分かっているんで
同じ方向の後輩は勤務が合えば
乗せて職場まで行くようにしています♪

今日はその日v(^-^)
最近は意図的か偶然か巡り合わせが少なく
1月に2回程度かな…

ゼミ長さんと夜勤がしたいです♪

と言われながらも未だに1度も夜勤がナシ(>_<)
何だ、策略か!
と疑いつつも

次ぐらいはあるかもしれませんね♪

そうかもしれない(*^_^*)

勤務前は憂鬱な気分が多いのですが
楽しい会話で話が弾むと
気持ちが幾分かは楽になりますv(^-^)

と、楽しい時間はここまで
職場の方向に向かうにつれて車が混んでくる(+_+)

後輩:「ゼミ長さん、大丈夫ですかね」
ゼミ長:「ギリギリかなぁ…何とか車が動いてくれれば」

最初はこんな余裕な会話でした(*^_^*)
しかし、読みと期待は外れて
車の量がだんだん増えてくる…だけならまだしも

そして…止まった_| ̄|○

完全に渋滞にハマッてしまいました(・_・;)

後輩:「ゼミ長さん、職場に電話した方がいいですかね?」
ゼミ長:「…もう5分ほど待ってみて」

アカン、完全に冷静さを失っている( ̄〇 ̄;)

5分後…結局、車は進む気配はなく
後輩は職場に「遅れるかも…」って電話をしました

原因はただでさえ車が混む交差点で
道路の舗装工事をしていて
車の車線が規制されていたからでした∑( ̄口 ̄)

結果的には間に合った(?)のですがf^_^;

話は180度方向転換しますが(σ・∀・)σ
最近、話題になっている『東横イン』の問題

障害者用の駐車場や客室、トイレを最初は設定しておきながら
駐車場をなくしたり、倉庫や従業員用の部屋に変更したり…
会社の方針および社長の態度は言語道断なんですが

見方によっては
障害者用の駐車場や客室、トイレは必要なんかなぁ…
って思うことがあります

世間の多くの見方は
障害者用の駐車場やトイレがないと障害者が利用できないじゃないか!
ではないかと思います

でも
障害者は障害者として生活したいのかな?
って

『障害者用』の駐車場や客室、トイレがなくても
一般が使用する駐車場や客室、トイレが
障害者の方にも使えるようなら、あえて区別しなくてもいいのではないか…って

だから、条例や法律で
「障害者用の施設を設置しなければいけない」
って考えも『おかしい』のではないか!?と思います

『障害者じゃなく同じ人と見て接して行きたい!』

とある友人のその一言に
ハッ∑( ̄口 ̄)とさせられた事がありました

チョット予算を足せば
障害者の方でも余裕を持って使用できる
一般の』駐車場や客室、トイレなんて
簡単に出来ると思うんですが

お金を儲けるために無駄(?)なものは極力省け!
コストを落とすために鉄筋はギリギリまで落とせ!
1秒でも早く、正確にダイヤを運行しろ!

最近の世の中は余裕とゆとりを失っていると思います

今日の私も時間に追い詰められていく中で
最初は楽しく弾んでいた会話も
後半は完全に余裕とゆとりを失っていました(笑)

今日の出来事と障害者等の問題を比較するのはおかしいんですが
最近の事故や事件って
時間や利益に追われての結果ではないか
と考える事がありまして
『余裕』や『ゆとり』を失って何かに追われる時の恐ろしさを
少し知りました

『ゆとり』って大事なんだなぁ…(*^_^*)

ちなみに補足すると、私だけ遅刻しました(笑)
でも、こういうことを振り返ることが出来たと考えれば

安い授業料だったのかも知れません♪
[PR]
by sw-michihiro | 2006-02-04 23:55 | 相談員日誌♪

新しい入居者が来ました

今日、私の施設のフロア
新しい利用者が入所してきました(=^▽^=)

ちなみに私の勤務しているフロアの入所者は
50名弱ぐらい

そのうち亡くなったり、長期入院で
退所を余儀なくされる方がフロアで
毎年平均すると10名前後…

今年度7人目の入所者で
4人の新入所を私が担当していますf^_^;

なんというめぐり合わせでしょう…
人呼んで、自称『インテーク(受入)・ケアワーカー』(笑)

特に社会福祉援助技術では
『インテーク』の部分、よく出題されますから…

ちなみに、どういう事をしているかというと
まず:「こんにちは~♪」と笑顔で挨拶
「私はこのフロアを担当している介護職員のゼミ長です♪」
と、とびっきりの営業スマイルで自己紹介(笑)
ちなみに、元・営業マンです

「早速お部屋の方、案内致します」
と、お部屋に行ってもらう(*^_^*)
お部屋に到着すると…まずは部屋の説明、そして
①・部屋の明かりのスイッチの説明と実際に操作
②・ナースコールの説明と操作
③・床頭台やタンス等の説明

その次は『日課の説明』
・朝食、昼食、夕食の時間
・おやつ、レクリエーションの時間
・起床、就寝時間 等

あとは、
・リネン交換や入浴についての説明

また、それと平行して生活相談員や家族さんと
持ち物の確認も行っています(^_^)/

お部屋や日課の説明が一通り終わると
新入居者の方とフロアを歩いて案内を行います
・共同トイレ
・浴室
・食堂
・職員室
等の場所の説明を行いますo(^-^)o

その後は
・医療スタッフによるムンテラ と
・生活相談員による入所の契約
とに分かれます

新入居の利用者の方は
ここから自由です(^o^)

ただ、担当の職員は
夕方に各種スタッフとともに
新入所のカンファレンスを行って
ADL(日常生活動作)や注意事項等を話し合って
まとめないといけない作業があります(*´Д`)=з

ってな感じです…疲れた_| ̄|○
[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-31 19:24 | 相談員日誌♪

起立性低血圧

『楽しく読めて、知らない間に賢くなっている・・・』
そんな贅沢な要望をかなえるべくブログを
『ゼミ長日記』は目指します(^0^)/

さて、今日のお題は
『起立性低血圧』です

意外と私の施設でも知らない職員が多く
ついこの前、朝の起床時にあるおばあちゃんが
ふっと、意識を失うように倒れることがありました
と同時に血圧が低下して

「大変だ~ヽ(゜▽、゜)ノ」

って大騒ぎすることがありました

既往歴をしらべると
「起立性低血圧」
を持っていました

起立性低血圧とは
『何らかの原因により血圧調整反射が低下し、起きるときに血圧が低下し、吐き気や立ちくらみなどを起こす状態をいう』
・介護福祉用語辞典 より

との事
特に、長い間寝たきりなっているような方に起こりやすく
急激に起こすことによって
血液が腹腔臓器や下肢にたまり、心臓に還流しにくくなって収縮期血圧が低下することによって、立ちくらみやめまい 
などが起こり・・・廃用症候群の1つとされています

介護の実践で

「ゆっくりと起き上がらさせて、いったん端座位にしてから車椅子に移乗する」

のはこのためで
時間との闘いの介護の現場では
以外に「ゆっくりおこす」とこが
意外と軽視されている傾向にあります

ちなみに、この問題のおばあちゃん
寝たきりではなく日中もずっと徘徊をしていますf^_^;
起きるときも自分から布団を
ポン!と跳ね除けるよう起きるんで

今回の起立性低血圧に関しては
介護していた職員には全く落ち度はありません(笑)
でも、毎回起床時はヒヤヒヤもんです・・・

ちなみに対応した結果
再び起こったときは
①SPO2(血中酸素濃度)、バイタル(バイタルサイン:血圧、脈拍、心拍数などの総称)測定
②下肢挙上(要は心臓に血液を送り返すためです)
③電気毛布で保温
④乳頭(乳首って・・・)の痛覚の刺激
※この4点を行い、30分経過してもバイタル低下、意識レベルが回復されない場合は続行、救急搬送を行う。また上記の対応にて意識レベルの回復・バイタルサインが安定すれば引き続き様子観察で対応を行う。

ことで決まりました♪(*^ ・^)ノ⌒☆♪
ホント、毎日がスリル満点の現場です(笑)
[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-18 10:52 | 相談員日誌♪

インフルエンザ

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

つ・ついに恐れていたこの時期が・・・
そう、私の施設で職員の一人がかかってしまいましたヽ(゜▽、゜)ノ

そう、インフルエンザです!

ちなみにインフルエンザとは
『インフルエンザウイルスの感染により生じる急性の気道感染症。急速に出現する発熱、悪寒、咳、筋肉痛、頭痛、咽頭痛、疲労感などの全身症状を呈しやすく、また感染力も強いので、毎年社会的にも問題となっています。特に高齢者は肺炎を伴いやすく死亡の原因にもなります。このインフルエンザの最も有効な予防法はワクチンの接種です。』との事
・介護支援専門員基本テキスト 長寿社会開発センター編
・介護福祉用語辞典 「用語辞典」編集委員会編 福祉教育カレッジ発行 より

もちろん全職員「マスクマン」(笑)
何か悪の秘密結社か仮面ライダーのショッカーみたいに
全員が「ヒー!」って言ってしまいそうな状況です(古っ!)

昨年もインフルエンザが施設では大流行いたしましたが
さすがに死者は出てません(でたらそれどころじゃない!ちゅーに)

でも、わが施設では毎年

「インフルエンザ部屋」

というものが出来まして
介助にあたる職員は、ここに隔離されるのです(σ・∀・)σ

時間がわからない・・・
いつうつされるかわからない・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そんな恐怖の中、介護をしなければならないのです
長島スパーランドのホワイトサイクロンや
富士急ハイランドのドドンパ
などの比ではないスリルが味わえます(苦笑)

ちなみに特効薬といわれている「タミフル」は相変わらず不足しているみたいですね
しかも、副作用として幻覚症状も出ているとか・・・

やはり、自らかからないように予防するしかないp(^-^)q
ってことで

皆さんも手洗いとうがいは必ずしてください!
f0031675_21501544.jpg

[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-16 21:45 | 相談員日誌♪

13日の金曜日

f0031675_249569.jpg

「草木も眠る丑三つ時」…皆さん、いかがお過ごしですか?
私、ゼミ長は夜勤の真っ最中です…

昔(今もですかね!?)、何が起こるわけでもないのに

「今日は13日の金曜日や!」

って言ってませんでした?
勿論、私の施設でもジェイソンは徘徊していません(笑)

ただし、その昔戦時中は空襲が激しかった地域らしく
霊感の強い職員は「霊が出る~」等話したりしています
そういえば、昔に1回誰もナースコールを鳴らす人のいない部屋で鳴った経験がありました
勿論、部屋に入っても全員寝てましたが…
当時は「故障かな?」と思ってましたが
今、考えると…

そうそう、私の施設では今まで夜勤中は十分な休憩時間がなかったのですが
今週から交代で1時間半の仮眠が取れるようになりましたv(^-^)v
じゃ、今までは…ってハナシですよね(苦笑)
そっちの方が怖い話です( ̄〇 ̄;)

では、次回は10月に会いましょう…おやすみなさい☆彡
[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-14 02:49 | 相談員日誌♪

音楽レクリエーション

私の勤めている特別養護老人ホーム(以下「特養」にします・・・)では
毎日14時ぐらいから、おやつの時間までレクリエーションの時間になっています

レクリエーションは毎日担当が決まってまして
大体、
①風船バレーボールや玉入れなどの運動系
②塗り絵や貼り絵などの工作系
③歌や演奏などの音楽系
に分類されるのではないでしょうか?

問題:さて私はどの分野が多いでしょうか?

答えは③の音楽系です
実は、幼稚園から中学校までピアノを習っていたんです・・・
でも、お聞かせ出来るほどの実力はございません(笑)

ただ、ヘタクソながらもそれなりにに見せるテクニックはあるみたいで
何故だか利用者からは
「『ぽっぽっぽ』や~」(必ず「はとぽっぽ」を演奏しているため)と呼ばれたり、
「お待ちしていました」とか
大歓迎されています(笑)

高齢者にとって音楽は
利用者も楽器を持って参加することにより
①リズム感から感覚機能等の維持や
②自ら積極的や能動的に参加することへの、その意欲の向上
③そのことからの生活の活性化
④ひょっとしたら、上肢の機能維持
等につながっていたり

四肢麻痺や寝たきりの方でも
音楽を聴くことによるリラクゼーション効果
もあるのではないか、とも考えています

また、回想法などと組み合わせてみると
更なるリハビリテーション効果が期待できるのではないかとかんがえています

ただ、レクリエーションの目的は

リハビリテーションではなく「楽しんでもらう」ことだと思ってます

私が演奏するのも
利用者がよく口ずさむ曲であったり、口ずさみやすい曲が多いです

今日演奏した曲も・・・利用者からのリクエストからは
「こいのぼり」
「雨ふり」
「茶摘み」
「一月一日」
「かたつむり」
「幸せなら手をたたこう」
「リンゴの唄」
どうです?季節感がバラバラでしょう(笑)

でも利用者がとっても喜んでくれてるんで
「それでもヨシかな」って思ってます

あと、利用者が誕生日の時の
「ハッピーバースデー」を演奏するのも
私の役目となっています

今日も1人誕生日でした
夕食後によく「うがいさせて~」とか「歯~がないわ」とか言って
落ち着きがなくなるおばあちゃんなんですけどね・・・(笑)
でも「ホンマすんません」ってよく謝られるんで
「そんな謝らなくてもいいのに・・・」と思ってるんですけどね(笑)

今日はそんな1日でした

機会があったら「音楽療法士」みたいな
音楽療法も勉強したいのですが

そんな余裕はありません(笑)
f0031675_2337244.jpg

[PR]
by sw-michihiro | 2006-01-07 23:38 | 相談員日誌♪